大阪マルチメディア放送株式会社

「2016年11⽉29⽇(⽕)「⾃治体連絡会 近畿ブロック」を開催

「⾃治体連絡会 近畿ブロック
2016年11⽉29⽇(⽕) 於:KKR ホテル⼤阪 琴の間」

講演① 「⾃治体様向け気象情報サービスの紹介〜私たちが売っているのは気象情報の活⽤です」
株式会社ハレックス 和⽥雅幸⽒

和⽥雅幸⽒

【自治体連絡会 ハレックス紹介内容】
株式会社ハレックスは、気象庁の認可を受けた民間気象会社です。
弊社は、気象データを提供することだけではなく、各業種にあわせた気象情報の使い方(活用ノウハウ)をご案内することに尽力させていただいております。

ハレックスの基幹サービスとしてHalexDream!と呼んでいる1kmメッシュ単位の気象情報を日本全国リアルタイムに提供しているサービスがあります。このサービスを基本にして、自治体様向けにも防災担当の方がいかに素早く正確に判断することができるかを目的とし、「土砂災害」「河川の洪水」「浸水(内水氾濫)」という避難判断に利用されることの高い情報をお客様のニーズに合わせて提供しています。いずれもWEBを利用したクラウドサービスで、事前に基準値を設定してアラートをお知らせする機能を搭載しており、防災対策をできる限りリードタイムを確保して実施することを主眼としております。

また、WEBサービスだけではなく、判断に迷った際には気象のプロである気象予報士による電話コンサルティングサービスをセットとして、WEB×人での総合的なサポートを実施しております。

これらにより正確な「情報収集」を実施頂き、V-ARERTのもつ「伝達」技術を駆使して、総合的な防災対策の実現のお手伝いをさせて頂ければと考えております。

和⽥雅幸⽒スライド

*同日に講演いただきました、加古川市の三和宏幸氏の講演内容も追って掲載いたします。