大阪マルチメディア放送株式会社

番組審議会

大阪マルチメディア放送株式会社 第七回放送番組審議委員会 議事録

開催日時
平成30年7月17日(火)午後14時〜午後15時30分
開催場所
大阪市浪速区湊町一丁目3番1号
株式会社エフエム大阪 本社会議室
委員の出席
委員総数:5名
出席委員数:5名
出席委員:石井 誠、芝 勝徳、梅澤 幸平、田中 幸成、篠原 賢太郎
 
放送事業者側出席:2名
代表取締役社長 石井 博之
常務取締役 福田 一夫
議題
新チャンネル「八六東京(パーリュートンジン)」について
その他、最新の編成動向についての報告・説明
議事概要
今年2月からサービスが始まった、新チャンネル「八六東京」について、そして、その他最新の編成動向について説明と質疑応答と共に各委員からご意見を頂戴しました。
審議内容
事業者
本日は、2月から始まった新チャンネル「八六東京(パーリュートンジン)」、そして今後の編成について説明させて頂き、委員の皆様からのご意見を頂戴いたしたく存じます。当チャンネルは、今年2月から始まりました、訪日中国人観光客をメインターゲットにした番組です。添付の資料にありますように、中国本土のメディアSMGの協力のもと、日本で中国人観光客に対してインターネット主でなく放送でも、日本滞在のサポートをしています。
今後、羽田空港で、受信機を貸し出すサービスも計画中です。
CPは、TS ONEチャンネルを提供している、TOKYO SMARTCASTです。
審議委員の皆様いかがでしょうか?ご審議をお願いいたします。
委員
対象は羽田空港だけですか?
事業者
現段階では羽田のみ、内容情報も東京が中心となっております。
そして、そのサービスはまだ始まっておりません。
タイムテーブルをご覧の通り、中国語表記タイトルの番組のみが中国語放送、それ以外は日本の番組になります。
委員
放送では字幕が流れるのですか?
事業者
アプリの画面にテキストデータ他必要な情報が表示されますが、中国語放送の中国人リスナーが音声で聞いたものを補完する情報が表示されます。
事業者
訪日外国人の情報収集源はほとんどがSNSや動画サービスですが、それとの差別化がカギだと思います。
委員
一般連携というのはありますか?
事業者
今後視野に入れると思いますが、まずは体制を整え、範囲を広げることを優先とし、情報の集約と他の地域に普及する為のシステム作りが今後の課題だと思っております。
事業者
新たなインバウンド施策ではありますが、まだまだ導入段階ですので今回は報告のみとさせて頂きます。
事業者
その他、最新の編成動向につき、説明申し上げます。
・車載型チューナーの開発が進んでおります。
・パーク24のカーシェアリングサービス向けの情報配信サービス(駐車場の満空情報)が東京で始まりました。
・チャンネルを横断しての企画で2周年キャンペーンを展開しました。
・V-ALERTサービスを紹介するDVDを作成しました。
事業者
大きな審議事項はありませんが、災害等を踏まえて今度よりよい番組を作る為に皆様にご意見を頂きたいと思っております。宜しくお願い致します。
 
以上