大阪マルチメディア放送株式会社

番組審議会

大阪マルチメディア放送株式会社 第四回放送番組審議委員会 議事録

開催日時
平成29年8月22日(火)午後14時〜午後15時
開催場所
大阪市浪速区湊町一丁目3番1号
株式会社エフエム大阪 本社会議室
委員の出席
委員総数:5名
出席委員数:4名
出席委員:石井 誠、芝 勝徳、梅澤 幸平、篠原 賢太郎
欠席委員:1名 田中 幸成
 
放送事業者側出席:2名
代表取締役社長 石井 博之
常務取締役 福田 一夫
議題
(1)TS ONEにて放送いたしました「NISSAN あ、安部礼司」について審議
 
(2)V-Lowマルチメディア放送による災害情報発信について報告・説明
議事概要
7/2(日)に放送いたしました「NISSAN あ、安部礼司 傑作選」のダイジェストを視聴頂き、番組内容を審議頂きました。
また、V-Lowマルチメディア放送を活用して兵庫県加古川市で行われている消防庁の補助金による実証事業について報告が行われました。
審議内容

議題(1) 「NISSAN あ、安部礼司」を視聴して頂いた後、委員より以下の意見があった。

・CMに使用されている画像は1枚だけですか?
 データ放送容量の限界なのでしょうか?
 今後、新たに番組を収録する際は、i-dioでも放送する事を想定して行われますか?
 データ放送容量や制作時間に余裕があるのなら、データ放送部分はもっと改善できると思います。
・音質が良い事を活かして、CMの効果音に車の走行音を入れるなど、工夫できるのでは?
・台詞が表示されている為、番組自体は聴覚障がい者向けに良いと思いましたが、今後より発展させていく構想はないのでしょうか?
・選曲が1980・1990年代と古く感じますが、ターゲット層に合わせたものになっているのでしょうか?
・聞き逃した所を後から文字で追える為、必要だと感じる部分もありますが、ずっと文字を追うのは、飽きるような気がします。
・6、7年前にこの番組を認知する前に、Twitterで「#安部礼司」を見つけ、人名がハッシュタグになっている事が気になってインターネットで調べ、そこからラジオ番組に辿りついた経験があり、番組の感想を言い合う場から認知を広めていく事ができる、画期的な取組みだと感じた印象はあります。
・テレビのBSやCSでは、昭和歌謡曲を取り上げたものが多いように感じますが、その方が良いのでしょうか?
 もし良いのであれば、i-dioでも取組むべきではないでしょうか?
・今年亡くなられた作詞家・作曲家の追悼番組などもテレビで見かけますが、そういった取り組みをされてもよいのでは?
 

議題(2) V-Lowマルチメディア放送による災害情報発信について説明・報告が行われた。

 
以上